小売業で働くワーママの日記

2018年冬生まれの娘「なーちゃん」と主人との3人暮らし。日々の出来事などを綴っていきます

保活について②

生まれる前からの保活の必要性に気づき、

早速役所に相談へ行きました。

 

そこで聞かされる、厳しい現実の数々…。

 

当然のように1歳まで産休を取るつもりでいましたが、

1歳での入園は非常に難しい事が分かりました。

 

なぜなら「兄弟加点」というのがあるからです。

私は今回が第一子で兄弟はもちろんいません。

保育園は兄弟がいる人が優先的に入園ができます。

保育の必要性を点数化して高い人から優先的に入れる訳ですが、

私が住んでいる市町村では申し込みをする保育園に

兄弟が通っている場合は「+5ポイント」付きます。

5ポイント、もの凄く高い点数です!!

利用調整基準表を隅から隅まで読んでみましたが、

こんな高い点数は稼ぐ事は到底できません…。

 

実際に見学に行ってみた保育園で

0歳枠の募集人数は3人という園がありました。

しかし園長先生によると、既に保育園に通っている

園児で兄弟が生まれてくる子が2人いるという事で、

「実質の募集人数は1人なんです。」と教えてくれました。

1人の枠を一体何人で争うのやら…。

 

0歳で保育園に入れる事すら難しいのではないかという

現実を目の当たりにしました。

 

つづく。

 

 

まるごとわかる保育園

まるごとわかる保育園

 

 

保活の参考にこちらの本を購入しました。

とても分かりやすいです!